有名なモデルさんもbnls注射で小顔を目指す

モデルさんって一般の女性と比べたら充分小顔なんだけれど、モデル仲間と比べると満足できないみたいですよ。 特にエラが出てるとせっかくのフェイスラインがすっきりしないのでボトックス注射がひそかに人気。

でもエラと思ってたら脂肪だった場合、ボトックスでは脂肪は取れません。 そこで、bnlsにチャレンジするのデルが続出中。

モデルさんって日ごろから体形にも気を付けてるしスキンケアも徹底してるので顔にもそれほど脂肪はついてないそう。

それでももっとシャープなフェイスラインとアゴを目指したい、というからプロ意識ってすごいですね。

写真に写った時にちょっとした顔のもたつきも気になるのでしょう。脂肪吸引と違って脂肪を溶かす分解作用があるのでダウンタイムもほとんどないので周りにもばれにくい。

顔の脂肪が気になるけど脂肪吸引するほどではない、という場合にピッタリなのがbnls注射です。

顔を一回り小さくする小顔注射(BNLS)

ダイエットをしても顔は意外に痩せにくい部位なのです。せっかく痩せたのに顔がぽっちゃりしてたら周りも気が付かないでしょう。

切ったりせず、吸引もせず注射1本でできるので美容整形をした、という意識も少ないはず。

bnls注射なら新成分配合のNEO

今までのbnlsにはいってない新成分「デオキシコール酸」を配合したのがBNLSneoです。脂肪を溶かすだけでなく溶解した脂肪や老廃物を外へは排出させる働きがあります。

デオキシコール酸とは

BNLS neoの新成分デオキシコール酸ってどんなものなのでしょうか?

デオキシコール酸はアメリカのFDAで脂肪溶解の効果を認められた新成分。

脂肪細胞を細胞膜を破壊し脂肪を減少させる働きがあります。

アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局、Food and Drug Administration; FDA)という組織は日本の厚生労働省にあたるところです。

日本の厚生労働省よりも基準が厳しい組織で認可を取得するのはとても大変です。
BNLS neoじゃ腫れない脂肪溶解

脂肪溶解の成分と言えばフォスファチジルコリンが主流だったのですが、注入後にむくみがでたりすることがあるのがデメリットでした。

でもneoには植物由来のデオキシコール酸をプラスしてるのでむくみが生じる心配がほとんどありません。

しかも脂肪溶解が2~3日という短い期間で確認できる、というのでやりがいがありますね。

BNLS neoの有効成分

デオキシコール酸
ヒバマタ
セイヨウトチノキ
アデノシン三リン酸二ナトリウム
ベアシアくるみ
サポニン
αリノレン酸
チロシン
ナイアシン
アネモネ由来成分
カラクサケマン

BNLS注射をやってるクリニック

湘南美容外科(全国83院)
共立美容外科(全国23院)
もとび美容外科クリニック

薄めていない原液のBNLSneoをやってるクリニック

二重アゴ、フェイスラインのもたつきなどに注入すると余分な脂肪を溶かしてだんだんスッキリするBNLSneo。

クリニックによっては原液でなく薄めたものを使ってるところもあります。
薄めていると脂肪溶解の効果がイマイチになりそう。

そこで原液を注入してるクリニックを紹介します。

すでにBNLS注射を37000件以上やってる湘南美容クリニックだと安心。

顔だけでなくボディにも注入できます。

湘南美容クリニックのBNLSneoの料金を見てみる
↓ ↓ ↓

顔を一回り小さくする小顔注射(BNLS)

小顔注射(BNLS)LP